結婚相談所の会員であることを隠したい

「結婚相談所のことを知られるのが恥ずかしい」と考えている人がとても多いことです。それはなぜでしょうか。探ってみたいと思います。

サイトトップ > 人に知られるのが恥ずかしい

スポンサードリンク

結婚相談所の会員であることを隠したい

人に知られるのが恥ずかしい


結婚しない人が増え続けている現代、結婚相談所などの結婚仲介業をしている会社は沢山あります。会員が数万人もいるような大手の結婚相談所もありますし、個人で縁結びのような、仲人さんが知人のつてを使って、良いご縁を紹介するような小さなところもあるでしょう。 ネットや、広告でもこのような結婚相談所、結婚情報誌などの情報を目にすることが、みなさんにもあると思います。


これだけ、沢山の結婚相談所が存在しているのにも関わらず、周囲の友人、知人で実際に結婚相談所に入っているという人は聞いたことがありません。 では、こういった情報が耳に入ってこないのは、どうしてなのでしょうか? 第一の理由に、「結婚相談所のことを知られるのが恥ずかしい」と考えている人がとても多いことです。 結婚相談所を利用していても、そことは周囲には口外せず、内緒にする人がほとんどだということです。 ですから、結婚式でも、なれそめについて紹介する場合は、結婚相談所と言う名前は出さない人が多いでしょう。 サークルで知り合ったとか、友達の紹介など、別のなれそめを用意している人ばかりです。


では、なぜ、結婚相談所のお世話になったことを、利用者のみなさんは隠したがるのでしょうか? それは、「自分ひとりの力では、恋人も見つけられない」と周囲に思われることが恥ずかしいのではないでしょうか? 結婚相談所に頼む、イコール、自分で恋人が出来ない、イコール、もてない、このようなイメージを思っている人が多いからでしょうね。 真面目に結婚を考えていれば、相談所と言う選択も当然あるのに、残念ですね。


結婚相談所の会員であることを隠したい

MENU



スポンサードリンク